冬の切り花

ふれあいの里の切り花は、季節の移ろいを
教えてくれるものがたくさんあります。蝋梅
ロウバイ(蝋梅)は、花びらが蝋のような色で
12月の別名臘月(ロウゲツ)に花を咲かせることが
その名の由来だそうです。
花言葉は「ゆかしさ」「慈しみ」
ほんのり柔らかな黄色の花びらに癒されます。
寒水仙、ハボタン
水仙は、ギリシャ神話の「ナルシサス」の話が有名ですが、
冬を告げる寒水仙は、きれいな花の姿といい香りが、
まるで「仙人」のようと名付けられたという由来の方がしっくりくるようです。
花言葉は、「思い出」
別名「雪中花」
葉牡丹は、鉢花や花壇植えの苗もありますが、切り花としても出ています。
苗の状態だとキャベツかな?ケールかな?と思うほどです。
花言葉は、「祝福」「利益」
「利益」に関しては、三国志で有名な諸葛孔明が、戦場に行く先々で
キャベツを栽培させたという故事にちなむとか。
おもしろいですね。

同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
今日のふれあいの里
今日のふれあいの里
新館 再開
今日のふれあいの里
新館の休館について
3月の試食会のお知らせ
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 今日のふれあいの里 (2020-07-01 14:34)
 今日のふれあいの里 (2020-06-19 14:17)
 新館 再開 (2020-05-28 12:48)
 今日のふれあいの里 (2020-05-24 14:33)
 新館の休館について (2020-04-17 08:35)
 3月の試食会のお知らせ (2020-03-01 15:40)

 
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
冬の切り花
    コメント(0)